パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

オーナー日記

2019年06月12日(水)

今年は、サクランボから収穫予定が遅れ、桃も大幅(10日遅れ)でしたが、昨年より約5日遅れに変わりました。

そこで本日、反射シートを引くことにしました。

このシートを引くと大よその収穫時期が見えてくるので、開園日を目安が経ちます。ただ、農産物は、自然の天候に左右されます。

週間天気予報も日々変わるので、調整が本当に難しいです(;^_^

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
201906004.jpg
2019年06月11日

果樹栽培1年目は、毎日が新しい仕事になる事が多いです。今日は、袋かけ作業をしました。今日チャレンジしてもらったのが晩成種の桃になります。防除作業を行い、袋に桃を入れる作業なんですが、これが最初は苦戦します(;^_^

まずは、指導担当がスケッチを活用しながらイメージ指導。その後、何度か作業方法を見学して頂き、作業をしてもらいます。
201906005.jpg
桃の木や葉っぱで、手元が見にくい為、状態を変えながら、よく観察をしてもらいました。

見てるだけでは、実感がわかないので、作業に入ります。大体、30個から50個ぐらいついていれば、作業が出来るようになります。
201906006.jpg
初めての袋かけ!!は真剣のまなざし。

真面目に作業をしてるので上達も早く、教えたその日から即戦力!!
頑張って300枚ほど袋かけ作業が出来るようになりました。

ちなみに、かける桃畑の木にもよりますが、ベテランにもなると2000枚の袋を掛けるようになるため、これから技術を磨きます♪

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
201906007.jpg
桃、葡萄の果樹栽培において農薬散布はとても重要な作業です。

残念ながら、無農薬では栽培が非常に難しいのです。理想園では、昨年の12月やまなしGAP(農業生産工程管理)を取得しました。

食の安全の考えたGAPへの取り組み。農産物は、その年の気候で同じ栽培方法をしていても味は変わってきます。

消毒散布して100%病気を防ぐことも不可能だと考えていますが、安全で少しでも病害虫から農産物を守りたいと考えながら栽培しています。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
201906008.jpg

地元ワイナリーが集うワインイベントに参加してきました。ちょうど、夜の開催で農家友達と栽培の様子の情報交換をしながら山梨ワインを楽しみました。

普段には、飲まない変わったワインを飲んだり、思いっきり楽しんできました。
201906009.jpg
前売りチケットについていた飲食チケットは、早々に使い切り、追加で買ったチケットでワイン選びをして、普段栽培している葡萄の味を楽しみました。

来年も参加したいイベントの一つです。また、農繁期の忙しい中、久しぶりにワインを飲みながら情報交換できて楽しい一日でした<m(__)m>

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
0423.jpg
今年は、受粉期間に風や低温が続き、受粉作業を例年の倍の6回作業を行いました。その甲斐あって桃の実がついてくれてほっとしてます(;^_^

これから、摘果(てっか)余分の実を落とす作業をしています。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
PAGE TOP ▲