パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら

過去の記事

2021年1月アーカイブ

1月の理想園ニュース

更新日 2021年1月8日(金)8:00

寒波到来。本格的に寒くなりました。。。
新年を迎え仕事が再開されました。1都3県では、2回目の緊急事態宣下や時短営業、自粛、医療機関の切迫した様子などのニュースが流れ不安が絶えません。作業員は、最小限に抑え、作業時間の短縮、換気、健康チェックなど感染症対策をして行きます。早い終息の願いながら作業をして行きます。
現在、農園では、ぶどう剪定作業が続いていますが、1日6日頃から寒さが増してきました。今年は雨が少なく、乾燥などが原因で枯れないように灌水もして行きます。
---------------------------------------------
更新日 2021年1月1日(金)5:01
明けましておめでとうございますm(__)m
旧年中は、大変お世話になりました。本年も宜しくお願い致します。
農園もコロナ対策を行い、6月中旬から営業ができる事を願っています。また、直営ネットショップも桃の開花の様子を見ながら4月中旬より予約販売をしていきます。
スタッフ一同、力を合わせて栽培して行きます。本年もこれまで同様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
20211701.jpg
2021年1月17日(日)
昨日から桃の1回目の防除作業が始まりました。この時期は、気温もマイナスになる時間帯もある為、凍結に注意しながら作業を行います。

寒い時期に行う消毒の目的は、越冬病菌や害虫、縮葉病とカイガラムシ対策です。時に老木は、カイガラ虫に注意し、その対策をして散布を行います。
20211702.jpg
今日は、動噴機を使っての作業をしました。通常、畑の近くに消毒液を調合するハタカン設備がありますが、この時期は、凍結の恐れがある為、使える場所が限られます。

軽トラに積める動噴機とタンクを活用して作業をしました。今回は、スプレオイルとチオノックフロアブルを調合して薬剤を作りました。

タンクの弱点は、かく拌作業です。通常の農薬散布はスピードスプレイヤーと言う機械を使い散布します。この機械には、タンク内に薬剤をかく拌する機能があり比較的均一に薬剤が混ざります。しかし、タンクには無い為、手作業で混ぜる作業を行います(;^_^

確りかく拌作業ができたらいよいよ散布です。
20211703.jpg
ホースを伸ばして、農薬散布。

2人作業で、1人は、タンク近くでかく拌作業。もう1人は、桃の枝に消毒液を散布して行きます。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
20211301.jpg
雪が降る!!と言うと棚の補強作業や鉄骨の補強など準備を行いますが、甲州市の天気予報を確認すると積雪量は低い予報でしたが雪は止むまで心配です。

昨日から降った雪でしたが、朝方には止んでくれて一安心しました。
20211302.jpg
念のため畑の見回りをして、勝沼の雪景色も1枚撮影。

今日は、雪で足元も悪いので作業もお休みにしました。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
202001001.jpg
1月に入り、寒さも本格的になってきました。12月は、今年の冬は「暖冬」と思っていましたが、1月に入り冷え込んできました。

寒くなり心配なのは、植えたばかりの苗や若い苗です。非常に根が浅い為、枯れこむ可能性があります。その為、寒さから守る為、防寒対策を行います。

使うものは、肥料の袋や藁などを活用します。
まずは、肥料の袋を苗に撒き、マイカー線で固定します。

202001002.jpg
その後は、地温を下げないように藁や枯れ草を使います。


202001003.jpg
上の写真の用に1本、1本仕上げていきます。

この状態で休眠期を過ごします。

葡萄が収穫できる状態になるのは5年くらい先ですが、幹が太くなるまでこまめに手入れをして行きます。

桃と葡萄の専門店 理想園

〒409-1313 山梨県甲州市 勝沼町下岩崎2797

TEL:0553-44-0242
1
PAGE TOP ▲